音楽・作曲について「曲の構成」|Naoki's Fantasy
トップページ > 音楽・作曲について > 曲の構成

今日の1曲

昨日の1曲

プロフィール・連絡先

掲示板

活動実績

音楽・作曲について - 曲の構成

 
作成 : 2008-??-??  更新 : 2009-11-04
主なフレーズのコード進行Aと、もう1つのフレーズのコード進行Bと、さびのフレーズのコード進行Cが、あるとします。
ABはその曲をさびに導くような役割をしているものとします。
そうすると、
「rainbow slide」 は C-A-B-C-A-B-C- ・・・と表せ、
「ferris wheel」 は A-B-C-A-B-C- ・・・と表せることが
わかると思います。   (↑曲の後半は省略しています。)
私は、さびへ導く役割のコード進行を最低1つは用意しておくことを薦めます。さび以外のところでも、聴き手が楽しめるようにすることが、理想的だと考えているからです。
曲のコードまで聴いてしまう人にも、そのような曲は好まれるはずです。
一方、ラップやダンスミュージックなどは、1パターンのコード進行で曲の大部分を埋めているものが多いです。メロディーだけはいろいろ変化をつけて曲を進めていくわけですが、同じコード進行でさびとさび以外を表現するには、「音程の範囲」で説明したことが重要になると思います。このような曲は、どれだけさびを強調できるかが鍵だと思いますが、ドラムや様々な効果音自体を楽しんで聴く人も多いと思うので、曲の構成やさびを作ることに慣れない初心者にも比較的簡単に作れるかと思います。
以下、さびへ導くコード進行があることを前提に、曲の構成についてのアレンジのパターンを紹介していきます。
・ 上で説明したA-B-Cを何度か繰り返す時、2度目、3度目・・・で、さび以外であるABをコードはそのままで、メロディーをアドリブ風にするなどして、1度目と違った表情にする。 → 「ハクセキレイ」
A-B-Cを何度か繰り返す時、再びAに進む前にAと全く同じか似たようなコード進行 (+メロディー)Dを入れる。→ 「踊る人形たち」さびであるCからAにうまく進めないときに、無理やりコード進行を入れることもあります。 → 「flower garden」
(・・・ -A-B-C-D-A-B-C- ・・・となります。)
・ 曲が始まってすぐにさびを流したい場合、「rainbow slide」、「flower garden」のように、C-A-B-C- ・・・という構成にすると良いと思います。