ニューエイジミュージック ミディアムテンポの「Jewel in the Heart」|Naoki's Fantasy

今日の1曲

昨日の1曲

プロフィール・連絡先

掲示板

活動実績

オリジナルミュージック - 「Jewel in the Heart」

ジャンル : ニューエイジ
作成 : 2012-05-03  更新 : 2012-05-19

長さ 05:33

サイズ 7.63 MB

繰り返し再生OFF です。[ON にする]

制作のきっかけ・曲のイメージ

2012年ゴールデンウィーク、配属先の変更で私の気持ちに一区切りついたところで、
想い出が私の頭の中を駆け巡りました。辛いこと、楽しいことなどなど。
今回はそのような気持ちを曲にしました。

明るくも暗くもなくスムーズなテンポで心地よく聞き流せる曲だと思います。

Jewel in the Heart
音楽制作時に考えたこと
  • この曲を作るとき、具体的な情景をイメージしていません。自分の心の中、気持ちがそのまま曲になったと考えています。
  • メロディーにギターの音を初めて使いました。半音、または、全音の範囲でスライドさせて音をだす奏法を再現しましたが、何か違和感があります。自分で実際に演奏したり、聞くなどして自然な音を知る必要があると感じました。
  • さびの前の小節の2拍目にアクセントを置いています。さびの最初の小節の1拍目には何も強調していません。さびの前で、さびであるという最低限のサインを出せれば、あまり余計なことをしたくないと最近感じるようになりました。全体的に激しい曲である場合は、さびの前でいろいろ飾りを加えてもよいかもしれません。
  • 1回目、2回目のさびの前の8小節のフレーズでは、C(ハ長調)として解決するように聞こえますが、そのCのトニックコードがG(ト長調)のサブドミナントコードとしての役割を果たすことで、さびをト短調のサブドミナントコードから開始することが出来ています。このフレーズの直前がト短調であることから、このようなことが可能になったと考えています。もし、このフレーズの直前がハ長調であれば、CがGのサブドミナントとして機能しなかったのではないかと考えています。