音楽・作曲について「音階の分類」|Naoki's Fantasy
トップページ > 音楽・作曲について > 音階の分類

今日の1曲

昨日の1曲

プロフィール・連絡先

掲示板

活動実績

音楽・作曲について - 音階の分類

 
作成 : 2008-??-??  更新 : 2009-11-04
基本的には、長調の音階は1種類、短調の音階はナチュラルマイナー、
ハーモニックマイナー、メロディックマイナーの3種類あります。(もちろん
ハニホヘ・・・ではカウントしていません。もしカウントすれば、
長調は1×7種類、短調は3×7種類ということになります。)
ハ長調ハ短調の場合を下に紹介しています。
ド  レ  ミ  ファ  ソ  ラ  シ  ド   ・・・長調
ド  レ  ミ♭ ファ  ソ  ラ♭ シ♭ ド   ・・・「ナチュラルマイナー」
ド  レ  ミ♭ ファ  ソ  ラ♭ シ  ド   ・・・「ハーモニックマイナー」
ド  レ  ミ♭ ファ  ソ  ラ  シ  ド   ・・・「メロディックマイナー」

曲を作るうえで、初めのうちは、上のどれかを選んで、次にハニホヘ・・・から
選んで、「今回はト短調のハーモニックマイナーを使うぞ!」と決めてよい
でしょう。
しかし曲全体をハーモニックマイナーのまま通したらどうなるかというと、
よほど気をつけない限り、暗く少し不気味な感じになってしまうでしょう。
そのような場面に使う曲でしたらいいのでしょう。

普通に生活の中でBGMとして心地よく聴けるような曲にするには上の4つの
調の内、長調とナチュラルマイナーのどちらかを使おうと思っておいた方が
いいです。
そして曲中で必要に応じて、ハーモニックマイナーになったり、短調が急に
長調になったりすればいいのです。

私が最も言いたいことは、やはり「~長調を使って曲を作る。」とか、「~短
調・・・マイナーを使っている。」と決め付けるのはよくないということです。
短調が3つに分類されていますが、音楽理論上の表現法でしかなく、
どれか一つだけを使おうとすると、表現力が狭まってしまいます。

以上のことに気をつけていただいた上で、ヒーリングミュージックを作る上で
私が自然に多用している音階のパターンを紹介します。
ド  レ  ミ  ファ  ソ  ラ  シ♭ ド   ← 長調に近いです。
長調の曲を上の音階で演奏してみてください。
(ハ長調ならシを♭に。ト長調ならファ♯に♭をつけてただのファに。・・・
としてみてください。)
私には何か幻想的な雰囲気に感じられます。
癒しと結びつきがあるように思えます。